のぼりにオリジナルの言葉やキャッチコピーを入れる

外に出てみると、どこでもあるのがのぼりです。

あまり見ていないようで実は見ていて、行くつもりはなかったのにのぼりを見てお店に入ったという人も多いのではないでしょうか。

のぼりは意外と販促効果や集客効果があるものなのです。

集客効果が上がるのぼりを作るポイントを調べてみました。

★他店と差をつけるのぼりを作ろう

のぼりは安価で集客効果が高いのでどのお店でも設置しています。

既製ののぼりもたくさん販売されていますので、同じ業種だと似たようなのぼりになりがちです。

同じようなものだとお客様の目にも留まらないので、他店とは違うものを作ると良いでしょう。

オリジナリティーのある言葉を入れるようにしましょう。

例えば「厳選素材」や「ご当地自慢の一品」「〇〇から直送」などです。

こうすることで他店と差別化でき、効果が上がります。

★キャッチコピーもつけると尚良い

オリジナリティーのある言葉の他にも、キャッチコピーをつけると尚良いでしょう。

オリジナルのキャッチコピーを考え、それをつけるとさらに効果が高まります。

例えば「素材の味にとことんこだわり抜いた〇〇」や「ほっぺが落ちた人続出!〇〇〇(メニュー名)」というようなものです。

キャッチコピーと言えばこんなおもしろいサイト発見。→https://matome.naver.jp/odai/2135672763438036501

★具体的な言葉で伝える

のぼりだからシンプルな言葉で良いだろうと思いがちですが、シンプルで抽象的な言葉も実はのぼりには不向きなのです。

「おいしいコーヒー」よりも「ひきたての豆で入れたコーヒー」の方が良いですよね。

具体的な方が目に留まりますし、集客効果はアップします。

Comments are disabled