集客効果があるのぼりの色とは

のぼりは歩行者や車からでも見えるように作ると効果的です。

車で走っている時にのぼりを見てお店に入ることもありますよね。

視覚効果のあるのぼりは集客アップにもつながります。

視覚効果のあるのぼりの色は、どんな組み合わせが良いのでしょう。

★のぼりの色の決め方

のぼりの色を決める時は、設置する場所の周辺の色を確認してからにしましょう。

緑の多い公園や街路樹があるところに緑ののぼりを立てても意味がありませんし、殺風景なところに白いのぼりを立てるのも良くありません。

背景とのぼりが混ざってしまい、目立たなくなるのです。

★人気のある色の組み合わせ

お店の業種により、合うのぼりの色は違います。

飲食店の場合、背景の色は赤や黄色、文字は黒や赤が人気です。

不動産関係だと背景は赤や黄色、文字は赤、娯楽関係では背景が赤、文字は白が人気となっています。

もちろん、これと同じにする必要はありませんが、飲食関係なら暖色系、会社などは寒色系がおすすめです。

★四季に応じて変えるのもおすすめ

四季に合わせてのぼりの色調を変えるのも人目をひくので集客効果があります。

春ならピンク系などのパステルカラー、夏は青や緑といった清涼感のあるもの、秋は赤や濃い黄色といった暖色系、冬は白や黒、紺といった色がイメージカラーですが、暖色系の色を使うと暖かさが出ます。

季節ごとにのぼりを変えると、通りがかった人も季節を感じることができ、「気になるお店」となって入店してくれるかもしれませんね。

Comments are disabled